ヴィンテージワインやオールドワインのことなら!

ヴィンテージワインの定義

ヴィンテージワインという言葉がありますが、その正しい定義は何なのでしょうか?いろいろと調べてみると収穫した葡萄が、特定の地域あるいは特定の年のワインのことを指したり、ワインの原料となった葡萄を収穫した年が良作の年だったなど、一定の希少な価値となる特徴を持った醸造年入りの極上のワインを温度変化の少ない適切な保管場所に一定期間以上寝かしたワインをビンテージ-ワインと呼んでいるようです。


ここまでビンテージワインの需要が増えてきた背景には、運搬・保管の技術的な進歩により理想的な温度・湿度の保たれたビンテージワインを飲むことができるようになったからです。以前のように保存状態の悪いものや輸送が長期に渡ったもの、出所があいまいで偽物の可能性があるものなどは、まず出回ることはありません。このような業者の地道な努力により消費者が安心感を持つことができるようになったということも需要増の一因と言えるのはないでしょうか。


年代物のフランスワイン、いわゆるヴィンテージワインはとてもデリケートなワインで、保存状態によって大きく味が変わってしまいます。フランスワインにとって最高の状態でそのプロポーションを保つことができる場所は、長い歴史の中で人知を持って培われたフランスのシャトーのカーブ以外にはないといわれています。適切な湿度と温度を保った自然環境の中で保存されたワインと、世界中を劣悪な環境で移動させられ、カーブとは名ばかりの人工的な施設に長期間放置されたワイン。その品質の違いは飲めばすぐに判りますが、飲む前に判るようにビンテージワインに対する知識を少しでも深めておくことが大切です。


だれでもビンテージワインを自由に楽しみたいと考えるのが普通だと思います。人それぞれに飲む量は違うと思います。一口だけ味わいたいという方もいれば、7杯でも8杯でも飲むことが出来てしまう方もいます。僭越ですが、後者の方へのお願いがあります。ワインを飲む時は多くても一度に一本までとしていただきたいのです。ワインという飲み物は、多くの労力と時間をかけて栽培された葡萄を収穫し、そして熟練された技術者が神経を集中して慎重、丁寧に醸造し、また何年間も、厳重な管理のもと熟成されてきたものなど、それぞれに様々な人の想いが込められた飲み物です。その美味しさを充分に楽しんでもらう為に舌の感覚がアルコールで麻痺していないときに飲んでもらいたいと思います。


ヴィンテージワインを飲んだあとにまだ飲み足りないという人は、他のお酒をお薦めしますが適量にしておいたほうがよいと思います。もちろん人によって酔いが回る早さはそれぞれですが、気持ちよい程度でおさえておくのが一番いいと思うのです。これは今になっていう話でもありませんので理解してらっしゃる人がほとんどなのですが、それでも人は酔うと取り返しのつかない問題を起こす場合が多々ありますからね。

ヴィンテージワインを厳選格付け | Comment(9) | TrackBack(0) | ヴィンテージワイン

ヴィンテージワインの種類

ヴィンテージという言葉の持つ意味は、ワインの世界においては、葡萄の収穫年を表す言葉なんだそうです。ニュアンス的には長い年月を経てきたものと年ごとによってのできの善し悪しを意味する場合があります。ワインの味を決定する三大要素としては「葡萄品種」「葡萄の産地」「産地の気候」と言われています。


これほどビンテージワインが珍重される背景には、世界に数本しかないなどの希少価値によって、ビンテージワインがワイン好きの人々の目に神秘的な存在として写ることが背景にあると思われます。そのような感覚でビンテージワインに想いを馳せる人がいて、おしゃれをして恋人とデートしたり、正装して高級フレンチレストランでお食事、また家族や気の合う仲間たちとの気さくなパーティー等、ビンテージワインってホントに不思議な魅力をもった飲みものだと思います。


10年以上のヴィンテージチャートでは1970年、82年、90年などが該当しますが一般的には90年以外は購入して飲むにはあまりにも高くなってしまいます。その理由の一つには25年以上して熟成のピークを保つワインはリリース(発売)された当初からそれなりに高価なワインであり生産量もそんなに多くはないのです。そのワインが時と共に消費され、その希少価値はぐんぐんと高まってしまうのでコレクション的なワインになっていると思ったほうがいいかもしれません。


だれでもビンテージワインを自由に楽しみたいと考えるのが普通だと思います。人それぞれに飲む量は違うと思います。一口だけ味わいたいという方もいれば、7杯でも8杯でも飲むことが出来てしまう方もいます。僭越ですが、後者の方へのお願いがあります。ワインを飲む時は多くても一度に一本までとしていただきたいのです。ワインという飲み物は、多くの労力と時間をかけて栽培された葡萄を収穫し、そして熟練された技術者が神経を集中して慎重、丁寧に醸造し、また何年間も、厳重な管理のもと熟成されてきたものなど、それぞれに様々な人の想いが込められた飲み物です。その美味しさを充分に楽しんでもらう為に舌の感覚がアルコールで麻痺していないときに飲んでもらいたいと思います。


ヴィンテージワインを飲むときに家で飲むというのもいいですが、ある程度しっかりとしたレストランで飲むのも良いと思います。やはりワインといえば、お料理と一緒に楽しむのが適していますし少し残ったビンテージワインを頼んだ料理の調理する際に使ってもらうことも素敵な楽しみ方だと思います。記念日であればワインのラベルをきちんと貰うこともできますのでお店にお願いしてみるとよいでしょう。

ヴィンテージワインを厳選格付け | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィンテージワイン

ヴィンテージワインとは

ヴィンテージという言葉の持つ意味は、ワインの世界においては、葡萄の収穫年を表す言葉なんだそうです。ニュアンス的には長い年月を経てきたものと年ごとによってのできの善し悪しを意味する場合があります。ワインの味を決定する三大要素としては「葡萄品種」「葡萄の産地」「産地の気候」と言われています。


日本でビンテージワインの人気が出た理由の背景には、信頼できる輸入業者が増えたからと推測されます。日本市場に出回っているオールド・ビンテージワイン星の数ほど存在しますが、そのほとんどのワインは、ボルドーからイギリス・アメリカ・香港などに輸出されたもので、直接日本に向けて輸出されたものではありません。中には数ヶ国も旅を続けてきたものもあり、長い間どこでどのように保管されていたか、全く分からないものも少なくないのです。現在は業者が責任を持って選んでくれますから、昔と比較すると安心感があります。


フランスワインで現在購入にしやすい年号では1990年、98年、2000年、2003年などが素晴らしいヴィンテージと成っていますが、これ以外の年のワインが悪いというわけではありません。ここが一番勘違いしやすいところなのですが、葡萄の出来があまり良くなかったとしてもワイン作りは別で、やり方しだいでは美味しいワインが出来るんです。つまり、ワイン生産者のやる気と力量次第ということになります。作柄の良かった年のAというシャトーワインは仮に一万円したとすると翌年のあまり作柄の良くない年(オフヴィンテージ)は5千円だったりしますので、ある程度の下調べは必要です。


だれでもビンテージワインを自由に楽しみたいと考えるのが普通だと思います。人それぞれに飲む量は違うと思います。一口だけ味わいたいという方もいれば、7杯でも8杯でも飲むことが出来てしまう方もいます。僭越ですが、後者の方へのお願いがあります。ワインを飲む時は多くても一度に一本までとしていただきたいのです。ワインという飲み物は、多くの労力と時間をかけて栽培された葡萄を収穫し、そして熟練された技術者が神経を集中して慎重、丁寧に醸造し、また何年間も、厳重な管理のもと熟成されてきたものなど、それぞれに様々な人の想いが込められた飲み物です。その美味しさを充分に楽しんでもらう為に舌の感覚がアルコールで麻痺していないときに飲んでもらいたいと思います。


ヴィンテージワインの知識を持っておくことはワインを楽しむためには必須となってくるものです。もちろん知識が無くても満足することは十分できますが、それではやはりもったいないと思います。もちろん個人の価値観がありますので一概にどうとはいえませんが、ビンテージという特別なものを扱うときには知識があるほうが楽しみも倍増するわけですから。

ヴィンテージワインを厳選格付け | Comment(96) | TrackBack(0) | ヴィンテージワイン