ヴィンテージワインやオールドワインのことなら!

ヴィンテージワインの種類

ヴィンテージという言葉の持つ意味は、ワインの世界においては、葡萄の収穫年を表す言葉なんだそうです。ニュアンス的には長い年月を経てきたものと年ごとによってのできの善し悪しを意味する場合があります。ワインの味を決定する三大要素としては「葡萄品種」「葡萄の産地」「産地の気候」と言われています。


これほどビンテージワインが珍重される背景には、世界に数本しかないなどの希少価値によって、ビンテージワインがワイン好きの人々の目に神秘的な存在として写ることが背景にあると思われます。そのような感覚でビンテージワインに想いを馳せる人がいて、おしゃれをして恋人とデートしたり、正装して高級フレンチレストランでお食事、また家族や気の合う仲間たちとの気さくなパーティー等、ビンテージワインってホントに不思議な魅力をもった飲みものだと思います。


10年以上のヴィンテージチャートでは1970年、82年、90年などが該当しますが一般的には90年以外は購入して飲むにはあまりにも高くなってしまいます。その理由の一つには25年以上して熟成のピークを保つワインはリリース(発売)された当初からそれなりに高価なワインであり生産量もそんなに多くはないのです。そのワインが時と共に消費され、その希少価値はぐんぐんと高まってしまうのでコレクション的なワインになっていると思ったほうがいいかもしれません。


だれでもビンテージワインを自由に楽しみたいと考えるのが普通だと思います。人それぞれに飲む量は違うと思います。一口だけ味わいたいという方もいれば、7杯でも8杯でも飲むことが出来てしまう方もいます。僭越ですが、後者の方へのお願いがあります。ワインを飲む時は多くても一度に一本までとしていただきたいのです。ワインという飲み物は、多くの労力と時間をかけて栽培された葡萄を収穫し、そして熟練された技術者が神経を集中して慎重、丁寧に醸造し、また何年間も、厳重な管理のもと熟成されてきたものなど、それぞれに様々な人の想いが込められた飲み物です。その美味しさを充分に楽しんでもらう為に舌の感覚がアルコールで麻痺していないときに飲んでもらいたいと思います。


ヴィンテージワインを飲むときに家で飲むというのもいいですが、ある程度しっかりとしたレストランで飲むのも良いと思います。やはりワインといえば、お料理と一緒に楽しむのが適していますし少し残ったビンテージワインを頼んだ料理の調理する際に使ってもらうことも素敵な楽しみ方だと思います。記念日であればワインのラベルをきちんと貰うこともできますのでお店にお願いしてみるとよいでしょう。

ヴィンテージワインを厳選格付け | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィンテージワイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3806989